ストーリーファーストの仕事は、企業のみなさまの課題をストーリーとヴィジュアルで解決する『ストーリーコンテンツパートナー』で在ることです。かっこいい動画を提供するだけではなく、映像や感情で課題を発見し、支援先をプロジェクト成功に導きます。

制作の基本は4P = People (出演者) Places (撮影場所) Plot (粗筋) Purpose (目的)

コンサルティングで課題を発掘し五感にひびくストーリーを提案します。

ストーリーに加え、ストーリーマウンテン、語り手、BGMの抑揚を理解した作品に仕上げます。

“ Tomo Tanigawa’s skill sets in film production are nothing short of world class! His timelines, attention to detail, and creativity are only outshined by his personabillity! Tomo delivers!”
— 米国エミー賞受賞チーム & 映画監督 George Mihaly
tomoprofile1.jpg

ストーリーグラファー

谷川ともひこ

2007年、サーフィンの撮影をきっかけにカメラを手に取り、映像制作にのり込み、2012年、米国エミー賞受賞の映像ディレクターとの出会いを機に、より精力的に活動の場を広げ、現在は数々の企業イベントやプロモーションビデオ製作に携わり、ストーリーで全国・海外展開を後押しする映像製作やドローン空撮も得意としている。イメージづくりから撮影、編集を一貫して行い、支援先と共に成長するのが最大の喜び。2014年にノーベル平和賞受賞 カイラシュ・サティーアーティ氏、2017年にはブルネイ大使館にて両陛下の撮影の依頼を受ける。趣味は旅行、サーフィン。

Tomohiko Tanigawa

Born in Nagasaki, In 2007, surfing was the reason to take a camera, and he got completely fascinated by video production. In 2012, he had the good fortune to meet a videographer who is the American Emmy Award Winner. Since then, he started working more energetically, participated in making promotional videos for many enterprises both domestically and internationally regardless of the sizes and also specializes in supporting overseas expansion. In 2016, he worked as a photographer for the Nobel Peace Prize winner, Mr. Kailash Satyarthi. In 2017, he was in charge of photography for Japanese Emperor and Empress visits at Embassy of Brunei Darussalam in Japan. His hobby is traveling, surfing and bouldering.