長岡 淳一 (ながおか じゅんいち)

株式会社 ファームステッド 代表/ブランドプロデューサー 2012年、2014年、2016年グッドデザイン賞受賞

生産者のロゴマークやパッケージデザインなど、農業をトータルでデザインブランディングしているブランドプロデューサーの長岡淳一氏に、どういった思いで農業をデザインしているのか伺いました。

#1ファームステッドではどういうサポートをしているんですか?

#2今まで携わった分野を教えて下さい

#3今農家さんが悩んでいることは何ですか?

#4農家さんと打ち合わせをするときは現場によく行かれるんですか?

#5日本全国から仕事のオファーがきていますね

#6講演活動について

#7デザインを通して伝えたいこと

#8農業への思い

北海道と東京の2拠点体制

本社は北海道十勝地方の帯広市というところにあります。地域のニーズをちゃんと汲み取り、把握し、理解する、という意味で北海道、トレンドをしっかりキャッチするという意味で東京の2拠点体制にしてます。

地方にこそデザインをというミッションを掲げていますので、北海道十勝が本社です。

ファームステッドではどういうサポートをしているんですか?

農家さんは代々歴史がある土地を守りながら、今の現状があるので、そういう思いを含めながら、デザインを作っています。

また農業情勢が変わる中で、加工品を販売したり、売り方や販路などを一緒になって寄り添ってやらせてもらってます。僕らは第一次産業のサポーターだと思っています。

今まで携わった分野を教えて下さい

種類は、畑作関係の農家さんやワイン、他には酪農関係ですね、乳製品、チーズ、牛乳、あとは畜産ですね。お肉関係やお肉の加工品であったり、そういう地域のおいしいものが多いです。

今農家さんが悩んでいることは何ですか?

今は農業情勢が変わっていくタイミングなので、その中で自分たちはどういうことを強みとして進んでいくのか、ということですかね。

もちろん加工食品を作ったり、いわゆる6次産業化っていう道も一つの手段かもしれません。それももちろん大事なことだと思うんですけど、自分たちはどういうことをこれから考えて、それをどういう風に伝えていくか、それがすごく大事なことだなと思います。

農家さんと打ち合わせをするときは現場によく行かれるんですか?

僕らは必ず現場にお伺いして、そこの空気であったり、土であったり、周りの景色などを確認します。1回だけじゃなく、繰り返し行くとことで、またいろんな表情を見せてくれるんですよね。

農家さんの強みや方向性を一緒になって考える時に、現場に行かないとそういうことは把握できませんので。ある程度長い期間をかけながら信頼関係をつくって、寄り添って一緒に取り組む、そういう作業がデザインにとっても一番大事なことだなと思っています。

日本全国から仕事のオファーがきていますね

最初は地元である北海道十勝を、僕らの得意なことで発信していきたいということで始めたんですけど、今は九州の鹿児島や四国、沖縄など農業が盛んな場所からお声がけいただいて、仕事をさせてもらっていて、こうなるとは全然想像してなかったんですけど、これからも増えてくると思いますし、僕らはやっぱり現場主義ですので日本全国お伺いして問題解決していきたいなって考えてます。でもそうは言っても僕らは北海道十勝がベースですので、毎週1回は十勝へ帰ります。

地元の農業を常に把握していたいですからね。ですので、いつも駆け回って色々動いていますけど、各地の知らない生産者の方とこの仕事で出会えることは、僕にとってやりがいであり、何よりの財産ですね。

講演活動について

講演は、僕達が一番得意にしてるデザインや、ブランディングで地元北海道十勝の農業を活性化したいなと思って始めたんです。

そうしたら地域の価値を発信したいという日本全国の金融機関さんや行政関係の方から、事例を紹介していただけないかとお声がけをかけていただくようになって、地域活性化の一つのきっかけになったら良いなと思ってやらせていただいています。

デザインを通して伝えたいこと

デザインって、綺麗にするとか、整えるとか、格好良くするとか、そういう意味ももちろんあると思うんですけど、やっぱり僕が現場に行って感じるのは、デザインで思いを伝えるっていうことですね。

おいしいものを作られている生産者さんは、自分たちが作ったものをたくさんの人に食べてもらいたいと思ってるんですよ。それをただ格好良くすればいいだけではなくて、その農家さんの思いをデザインでちゃんと伝えるということが僕らの役割だと思います。

生産者さんにとってデザインとかってハードルが高いイメージもあると思うんですけど、僕らはそうではなくて、デザインはあくまで一つのきっかけであって、農家さんと人と人との信頼関係を築いて、時には一緒にお酒も飲んだり、長い期間をかけることは何より大事なことだと思います。僕自身が考えていることを分かっていただく必要もありますし、農家さんの思っていることを知りたいっていうのもありますし、そういうところから関係を深めていきたいと思っています。

農業への思い

僕たちは農業、第一次産業をデザインによって活性化する、伝えるということが最大の理念であり、ミッションです。もともと僕の父方も母方も、祖父母が農業をやってたんですよ。

だから昔から農業スピリッツっていうんですかね、地域のために何かするとかそういうことが自分の魂として残ってるんじゃないかなって思ってます。

全国、十勝もそうですけども、地域を作ってるのって農業をはじめとした第一次産業なんですよね。それが疲弊してしまうと地域って発展するのが難しくて、現場でものを作る第一次産業に関わる方々を、僕ができる得意なことで活性化したいなって思っています。

皆さん自信を持って作ってらっしゃるじゃないですか。もちろんおいしいのは大前提ですけど、おいしければ売れるわけでもないし、いろんな方のサポートが必要で、そういうのが伝わらないのがもったいないなっていつも思うんですよね。

おいしいものをちゃんと伝える、ありのまま伝えるということの、ちょっとした手助けをこれからもしていきたいです。

その広大な場所でおすすめの場所はありますか?

上士幌町に十勝平野を上から見下ろせるナイタイ高原牧場っていうところがあるんですけど、そういう十勝平野を一望できるところがやっぱり一番見どころですね!

長岡さんは、「仕事」というより「使命」という意識で取り組んでらっしゃるんだなと感じました。 そんな熱い「農業スピリッツ」を持った長岡さんだからこそ、農家さんの思いをデザインで表現することができ、私たちの心を動かすような商品が生まれるんでしょうね。農業は地域の力であり日本の力。 これからもデザインで農業を盛り上げていって下さい! 神奈川県出身 身長177センチ 2009年度準ミスワールド日本代表。 OL、モデルを経て、横浜を拠点に地元FM局やケーブルテレビ局などでフリーアナウンサーとして活動中。 2011年から自身の番組で延べ300人以上の女性にインタビュー、現在も更新中。 常に美と健康を追求し、食へのこだわりも強く、食材への関心も高い。 まだまだ知られていない逸品を発掘し、世に発信していくのがこれからの目標。

長岡さんは、「仕事」というより「使命」という意識で取り組んでらっしゃるんだなと感じました。

そんな熱い「農業スピリッツ」を持った長岡さんだからこそ、農家さんの思いをデザインで表現することができ、私たちの心を動かすような商品が生まれるんでしょうね。農業は地域の力であり日本の力。

これからもデザインで農業を盛り上げていって下さい!

神奈川県出身 身長177センチ 2009年度準ミスワールド日本代表。 OL、モデルを経て、横浜を拠点に地元FM局やケーブルテレビ局などでフリーアナウンサーとして活動中。 2011年から自身の番組で延べ300人以上の女性にインタビュー、現在も更新中。 常に美と健康を追求し、食へのこだわりも強く、食材への関心も高い。 まだまだ知られていない逸品を発掘し、世に発信していくのがこれからの目標。

全国、海外を飛び回りながら、生産者さんとのコミュニケーションや現場へのこだわり、『農業をデザインで変える』長岡さんの想いを映像制作しながら、更に感じることができました! 撮影でも訪れた十勝の各ロケ地は素晴らしい人々と最高の景色。 十勝は毎年訪れたい場所のひとつになりました。 長崎県出身葉山一色在住。2007年、サーフィンがきっかけでカメラを手に取り映像制作にのめり込む。2012年、米国ポートランドでエミー賞受賞のディレクターに出会ったのが運の尽き。より精力的に活動を始め現在は国内外大小を問わず数々の企業のプロモーションビデオに携わり、海外展開を後押しする映像を得意としている。農業を動画で変える。趣味は旅行、サーフィン、ボルダリング。

全国、海外を飛び回りながら、生産者さんとのコミュニケーションや現場へのこだわり、『農業をデザインで変える』長岡さんの想いを映像制作しながら、更に感じることができました!

撮影でも訪れた十勝の各ロケ地は素晴らしい人々と最高の景色。

十勝は毎年訪れたい場所のひとつになりました。

長崎県出身葉山一色在住。2007年、サーフィンがきっかけでカメラを手に取り映像制作にのめり込む。2012年、米国ポートランドでエミー賞受賞のディレクターに出会ったのが運の尽き。より精力的に活動を始め現在は国内外大小を問わず数々の企業のプロモーションビデオに携わり、海外展開を後押しする映像を得意としている。農業を動画で変える。趣味は旅行、サーフィン、ボルダリング。

Comment