ボディーランゲージをガイド

Comment

ボディーランゲージをガイド

みなさんに、質問です。

企業のPV を制作していく上で、一番重要なポイントは何だと思いますか?

編集でなく準備

編集でなく準備 映像制作において「編集」が何よりも大切だと考える人も多いですが、

実は【Pre-Production(制作前の準備)】が答えです。どんなに編集技術が高くても、撮影目的・撮影場所への理解・制作意図などのPre-Production をしっかりと認識していなければ、完成度の高いビデオは出来ません。

ビデオが完成したとしても、それに依頼主が満足できないのであれば、価値がないのと一緒なのです。つまり映像制作をしていく上では、重要なのは制作前の準備となります。制作準備さえしっかりしていれば、その映像は大きな価値とインパクトが見い出される作品になることでしょう。「これ、すごく素敵!」「何だか印象に残るわ」と感じさせる企業PVは、いったいどのようなものなのでしょうか?YouTubeで頻繁に流されている映像のように、話題性やインパクトを強く重視したものが必ずしも良いとは限りません。

ストーリー性

お客様にとって良い映像とは、【ストーリー性】が込められている作品です。映像の中にストーリーが込められることで、お客様の映像に対する理解度を深めることが出来るのです。 これは、魔法を使って売り上げを急激にアップさせるという、一時的なテクニックではありません。視聴者を感情によって揺り動かし、そして企業側が伝えたいメッセージを長期的に留めさせるという嬉しい効果が生まれるのです。 このように映像に込められた強いメッセージが、企業とお客様とのコミュニケーション力を高めて、双方の距離をグンと縮めてくれます。そして、お金儲けのために作られていない、あくまでも企業の良さを発信するためのツールとして作られている映像になります。 そのためにはPre-Productionがとても大切な要素となるのです。しかしながら、Pre-Prouction通りに撮影できないのが、企業のPV制作! 理由は簡単です。

頼んでしまうと・・・大失敗!

実は、企業PVは社内で撮影することが多いのですが、その会社の社長やキーパーソンは、忙しくてなかなか時間を取ることが出来ません。制作側が「映画のような柔らかい雰囲気で撮影をして、視聴者の気持ちを揺れ動かすような作品を作らなきゃ」と意気込んでいても、うまくは行かないのです。なぜなら、取材される本人達は緊急の電話が入ってしまったり、会議や打ち合わせ、また宅急便が届いたりと落ち着く暇がないからです。そこで「このシーンは、このような動きでお願いします」と頼んでしまうと・・・大失敗!取材者は俳優ではありませんから、ぎこちない動きとなり、本来の良さが一気にかき消されてしまうのです。そこで、キーポイントとなってくるのが【相手のボディーランゲージをよく見ること】です。更に言うならば、

相手のボディーランゲージをよく見て、ガイドしていくこと

ボディーランゲージをガイド

いったいどういうことなのか、お分かりになりますか?

例えば、取材相手に元気が無かったり、何度撮影しても無表情で撮影がなかなか進まない状況だったとします。 そのような状況を打開するためには、取材者である自分自身が【ボディーランゲージ】を使うのです!喋り方に抑揚をつけながら、話に自分自身の感情を込めて、相手の感情をどんどん揺さぶっていきます。 時には家族や友人の話を出したり、ドリンクを差し入れたりして、相手がナチュラルな状態になるように努めるのです。企業PVは長期間残る、企業にとってはとても大切なものなので、会社の雰囲気がナチュラルに映し出されるようにしなければなりません。

また、インタビューを行う際には、相手の表情に十分に注意していきます。表情がこわばっていると、制作者が丹精込めて仕上げた他のシーンと大きなギャップが生まれてしまうからです。インタビューの声や態度が、まるでパフォーマンスをしているかのようにわざとらしいのはNG!カフェで友人との会話を楽しむようなリラックスした雰囲気を作り上げることで、取材相手も自然体に受け答えしてくれるはずです。

その上、ボディーランゲージを加えれば、会話にメリハリが生まれてきます。そして映像を制作していく上で、インタビュー・BGM、Story・キャラクター・場所・制作目的・話の進め方など、すべてに影響を与えるのです。 企業のPVで繰り広げられる取材者の会話は、もはやBGMのようなものだと捉えることができるでしょう。 撮影目的・撮影場所への理解・制作意図などのPre-Productionは、目には見えないコアな部分で、映像にインパクトと価値を見い出してくれます。 その上ボディーランゲージを加えれば、新たな発見が生まれて、更に映像の価値が上がるというわけです。

下記の動画は社会心理学者エイミーさんの『ボディーランゲージが人を作る』も是非ご覧ください。

<お知らせ>

11/25まで、Story Firstワークショップの60分無料枠を増やしました!

ちなみにStory First とは、どんな映像を発注し、どこにアウトプットすべきかを明確化することです。 これによって、ブランドの価値や意義、メッセージを見つけ出し映像発注を具体化していきます。

お申し込みは、https://goo.gl/forms/YWc1O1NDLEIxkJ7Y2 まで。

Comment

なぜ広告よりストーリーなのか?

Comment

なぜ広告よりストーリーなのか?

なぜストーリーなのか? 従来の広告では何がよくないのか?

考えたことはありませんか?

僕は映像を制作するうえで、人の感情やバックストーリーに注力して制作しています。

逆に商品やサービスだけを映像にすることはほとんどありません。

スマホが主流のこの時代、

関心をつかむには最初の3秒が勝負、

セールスは3秒で削除され、ストーリーはみんな分かち合うのです。

人は毎日4000〜5000の広告を目にしているといわれています。ネットが普及する前に比べ、選択肢があきらかに増え、消費者が広告を見る時間は減少し、80%以上のミレミアル世代は従来の広告をまったく信用していないそうです。

何を購入すべきか、何を考えるべきか、と言われることに疲れ、信頼性の欠如により、広告主と消費者の関係は崩れています。

その現実の中、意味あるストーリーの力を用いれば、クライアントの消費者に力を与え、彼らが自分で決定することを可能にします。

ストーリーは最高の形のコミュニケーションツール!

ストーリーはメッセージの固まりを打ち砕き、記憶に留まり、分かち合い、視聴者と本物のつながりを作ることができます。そしてそれに加え、人は感情を元に決定します。

広告より、ストーリー

Story First!!



Comment

1分ビデオは180万語の情報量と

Comment

1分ビデオは180万語の情報量と

成功者が動画を使う本当の理由と訴求力!


スピーチ1分で300語話すと言われていますが、ビデオは1分で180万語の情報量があると言われています。

『数字なんてどうにでも料理できる。信じればだまされてしまう。』-スティーブ・ジョブス-

だましていませんよスティーブ!

1分間のビデオは180万語の情報量があるのです。映画2時間だととんでもない情報量で頭がパンクしそうですね (笑)では3分だけ観てください。

スピーチでは300文字ですがビデオには、インタビュー映像、b-roll、BGMがある為300文字以下にすることが多いんですよ。緩急をつけるためにも文字を削り、ケバ取り(あー、えー、)をして1分の中の15秒くらいは、何も話していない映像だけのスペースを作らないといけません。

五感で感じる数字のマジック180万語は実際、スピーチ1分より内容が少なくても情報量は多く、人の記憶に残ります。僕も1分間スピーチを見に行ったことがあるんですが98%の人が伝わってこなかったんです。感じてもらえないと時間がもったいないです。

何を言ったかでなく、どんな態度で伝えたか!

みなさん明日スピーチすることがあったら、ビデオを作る前に試してみてください。肘の位置より手を高く上げてスピーチするのです。情報量を増やすためにっ!脳はあなたの手を見ているそうです。

あなたも会話やスピーチで180万語くらいのインパクトを残せちゃうかもよ。笑

Story First!!

Comment

Storyがあなたを作る

Comment

Storyがあなたを作る

フリーランス、スタートアップ、中小企業、もちろん大手企業もはっきり言って、『Storyがあなたを作る』と思っています。

PV制作でクライアントさんに深い話を聞いたり、数日共にすると、Storyを話してくれるんですよね。ここが知りたかった。こうやってこの商品、サービスができたんだ。かっこいいな!って思うんですが、実はビジネスや取り組みをスタートした時にカッコいいStoryは一つもなかったんです。

まさしく1勝99敗の積み重ね。

失敗を恐れるのか恐れないか。振り子を大きく振るか、小さく振るか。

どこかでThink Bigになっていて、

自分がどうしたいか、どうなりたいかを天秤にかけて行動するだけ!

ナイタイ高原牧場

ナイタイ高原牧場

PV制作する時はチャレンジしている人によく出会います!これは

『僕らにとって、学び多き貴重な時間です。』

そして面白いことに、撮影していると、撮影前よりもStoryに深く共感できて、その商品やサービスが欲しくなります。

人は心が動くのです!

そして人っていつも忙しいので、共感してその商品を欲しいという欲求に至るまでに時間がかかるんですよね。だから深いStoryがあなたを作り、Storyはあなたをこえていくのだと思います。

人は感情で動きます!

ものを買うときはその感情になりたいとイメージするから買うんですよね。日本にはすごい商品、サービス、取り組みがありますが知られていない事が多いです。本当に、これすごい!この人すごい!って思っても正しい場所で、正しい時に、正しくみせないと感情は動かない。

来て欲しい人、買って欲しい人を、選ぶ時代。広告媒体業者に頼る時代は過ぎ去りました!自分のアイディアとストーリーと発信力で人の問題解決やワクワクを提供できるか。

ぜひ、みなさんもご自身のStoryを発信してみてください。

ユニークならかっこわるくて大丈夫 (笑) 

Story First!!

image.jpg

ビデオマーケティング勉強会

9/11は長崎県大村市でscola内海さん、クラスペディア吉岡さんの主催でビデオマーケティングワークショップが開催されます。お近くの方は是非!


-10/6迄、Story Firstワークショップの無料枠を増やしました-

Story First

-どんな映像を発注し、どこにアウトプットすべきかを明確化-

ブランドの価値、意義、メッセージを見つけ出し映像発注を具体化します。

お申し込みは▶︎https://goo.gl/forms/YWc1O1NDLEIxkJ7Y2

8/28-9/2、 9/7-9/13、10/7-10/16のワークショップの受付は終了させていただきました。

Comment

ユニフォームを着てみては?

Comment

ユニフォームを着てみては?

最近、会社のPromotion Videoはその会社のユニフォームと同じと思うようになりました。1年 365日、人生も仕事も、良いこともあり、納得いかないこともあります。そしてそれをどう思うかは感情が決めます。だって人間だもの。ですね。感情は自分を良い方向にも悪い方向にも導きます。

この法則をシンプルに考えると良い感情で常にいることはを、全ての社員に押し付けることは難しいですよね。そうなると名刺やユニフォームがあるように、感情が良い時に、ユニフォーム代わりのPromotion Videoを制作するとそれが365日同じ感情でお客様に伝わるんですよね。そういえば僕もユニフォームあるんですよ。このウェブサイトtopにあるVisualize Your Storyです。(笑)年中無休。世界中でよく働いてくれています!

目的によってStoryは導かれます

#1 STORY FIRST!

Promotion VideoのPurpose(目的)が決まったら、Story Firstです。

あなたのハートでガイドします

#2 QUESTIONS!

まずは目を閉じてペンを置き。どういうStoryで始まるのか?どういう展開になるのか?どのように終わるのか?その出演者や撮影場所の感情はどういう感じなのか?...

20㌫のスケジュールは80㌫の完成を左右します

#3 TIME SCHEDULE!

移動時間、撮影場所の住所、撮影スケジュール、出演者のスケジュール、天候スケジュール...

ライティングで感情の80㌫が決まります

#4 LOCATION SCOUTING!

どこがインタビュー場所に適しているのか?雑音...屋内ではライティング、屋外では日の入りもチェック。

ストーリーの素材を何にするのかを検索し、イエローパットにメモしながら、Production Bookをつくる。この地味な作業は実際、僕がロケハン(下見)する前に行う作業で、昨日もプロジェクトのために早朝から行ったのですが、サクッとボルダリングを終えて、なんと20:00過ぎに寝てしまい現在2:30am。すでに起きてしまいました。ww 最近眠くなるのが早く、いきなりカクンと落ちてしまいますが健康な証拠でしょうかww

-10/6迄、Story Firstワークショップの無料枠を増やしました-

Story First

-どんな映像を発注し、どこにアウトプットすべきかを明確化-

ブランドの価値、意義、メッセージを見つけ出し映像発注を具体化します。

お申し込みは▶︎https://goo.gl/forms/YWc1O1NDLEIxkJ7Y2

8/28-9/2、 9/7-9/13、10/7-10/15のワークショップの受付は終了させていただきました。

Comment

驚くべき物語は撮影前に描かれてる【動画編集】

Comment

驚くべき物語は撮影前に描かれてる【動画編集】

動画編集ソフトは関係なく、驚くべき物語は撮影前に描かれてる。

先日、米国オレゴン州 ポートランドのハリウッドに行ってきました。遊びながら学ぶためです。本当に頭をクリアにするにはあんまり知らない環境で自然があり、アドベンチャーできる場所が最適だからです。

先に見えているのはVista House

先に見えているのはVista House

ハワイやサンディエゴだと何となく1人で行けないですよね 笑) 冬に行きたいですが!

ポートランドは何かに入り込めるっていうか、何も気にならないというそんな絶妙な場所です!1人で学びたい人にはオススメですね。9時間で行けますしね。

今回もたくさん映像や絶景を見たんだけど、やっぱり録画ボタンが赤である理由がある。ということを再認識したんですよね。撮影する前に目的を確認するためのメッセージボタンという感じです。

本当に物語を作るとき、実は物語があなたを動かしている。インスパイアされるんですよねー!本当に創りたいものは!!そしていつ、どこで、どのようにと考えたら、クリアなレンズになるということ。

何故これをやっているのか?キャラクターは誰なのか?他と何が違うのか?彼らは何故存在しているのか?どのようにインスパイアしたのか?彼らの強さとは何なのか?

どのように視聴者に感じて欲しいのか?視聴者の感情をどのように動かしたいのか?

たった今、一つの作品が完成しました。彼らのハードワークにインスパイアされながら、ポートランドでの学びも役に立ったんじゃないかと思う!

Story First!!

-10/6迄、Story Firstワークショップの無料枠を増やしました-

Story First

-どんな映像を発注し、どこにアウトプットすべきかを明確化-

ブランドの価値、意義、メッセージを見つけ出し映像発注を具体化します。

お申し込みは▶︎https://goo.gl/forms/YWc1O1NDLEIxkJ7Y2

8/28-9/2、 9/7-9/13、10/7-10/15のワークショップの受付は終了させていただきました。

Comment

その場へ行こうNIKE BIKETOWN

Comment

その場へ行こうNIKE BIKETOWN

地球に優しいNIKE BIKETOWNはポートランドの一人旅を快適にしてくれました。あえて予定は決めず、全て現地でリサーチし行動する。

たまに3時まで歩いたり、適当に中華に入って滅茶苦茶デカい餃子が出てきたり 笑:)

image.jpg

 しかし

 「自発的な行動は、 遊び学ぶこと。」

使い方は下記の通り簡単。 

  1. NIKE BIKETOWNアプリをダウンロード 
  2. アカウント作成 
  3. 決算 
  4. 乗る

決算はアプリ内でクレジットカード情報を入力するんですが、アプリ内での日本のカードはまだ未対応のようで決算出来ませんでしたが、BIKETOWNのサイトから直接入力すると問題なく決算できました。

image.jpg

 発行されたアカウントナンバーと自分で決めたPinコードを自転車に入力し鍵を外せば、すぐに乗れて、他のステーションで乗捨てしてから街を歩き、別のステーションに自転車の空きがあれば、そこでアカウントナンバーとPinコードを入れるだけですぐに乗れますし、アプリで自分がいる場所から一番近い自転車も探すことが出来ます。

何台空いているか アプリで確認

何台空いているか アプリで確認

いつでもどこを走行したか確認できる 

いつでもどこを走行したか確認できる 

image.jpg

地球に優しいNIKE BIKETOWNはUber、電車、バスに飽きた方にはオススメですよ!!

image.jpg

昨日はグローバルにビジネスを展開するPipelineのPV撮影day1でした!その場へ行かないと撮影出来ないのが楽しいですね☆先輩方の深い話しに耳を傾けお肉もガッツリ頂きました。

その場へ行こう!Story First!

Comment

バンクーバーのチーズカード

Comment

バンクーバーのチーズカード

日に照らされてボルダリングのトレーニング^^

日に照らされてボルダリングのトレーニング^^

昨日帰国しまして時差ボケながら旅を振り返っています。濃いアドベンチャーの旅にしようとポートランドでは街づくりの研究の為に現地の方に突然取材をしたり、バンクーバーではワーキングホリデー初日の青年と郊外へ出て、大自然を撮影したり無計画にWhite Rockへ星を見に行き、初日からの旅は道連れ 笑:)

2つも食べたFritzのPautineはアツアツソースとチーズカードの絡み合いが最高で、ヘルシー志向の街なのに、なんとも味が濃いバンクーバーの旅になりました 笑:)

ソースとチーズカード が絶妙

ソースとチーズカード が絶妙

ライティング最高 

ライティング最高 

バンクーバーの芝生が気持ちよくて&nbsp;

バンクーバーの芝生が気持ちよくて 

さて二度寝しないように本日より始まるPV撮影の準備です。幸運にもポートランド最終日には友人が招待してくれて試写会に参加出来た!

アラスカでの過酷な登山

アラスカでの過酷な登山

Reel

Reel

Story First!!

Comment

アメリカ おかしいポートランド。最高すぎる!

Comment

アメリカ おかしいポートランド。最高すぎる!

アメリカのポートランドは本当におかしい。一人旅なのに観光しているというよりも、もう住んでいるように感じる。バンクーバーからポートランドへの飛行機からの大自然も好きだったし、初日にボルダジングジムに行って、次の日はAngel's Rest Trailへハイキングというか登山。日の入りは20:30と遅めだから友人の仕事が終わってから車で30分。街から一気に変わる環境は最高!

Angel's Rest Trail

Angel's Rest Trail

そこら中に溢れているカフェやレストラン。公園。そしてなぜか親切な人々。交通手段もバス、路面電車、自転車と豊富で全く困らないしわかりやすい!

NikeのBiketownという自転車でどこへでも行けちゃう!

24時間12$払えば、BiketownのParkingがダウンタウン周辺にいくつも網羅してありどこで乗っても、どこで返却してもOK。Kayo'RamenでBiketownPDXのアプリをダウンロードし、直ぐに自転車でミシシッピ通り-ダウンタウンと爽快で電車やバスよりもポートランドを自由に感じられるし、アドベンチャーできるのです。

NIKEのBIKETOWNpdxでSteel Bridgeを渡る

NIKEのBIKETOWNpdxでSteel Bridgeを渡る

Kayo's RamenのKayoさんと旦那さんとは初めてお会いしたのですが、ラーメンを頼んだら、担々麺も餃子も杏仁豆腐も^^ とどんどん出てきて、最高に美味しかった!素敵なご夫婦でポートランドのYuuyake Shimbun取材中でした。

そして数年前にイベントで会った友人と、Kayo's Ramenでばったり!!なんと一週間前に日本からポートランドに引っ越してきたそうですwwほんとに昔からばったり多いのですが、世界は狭い!!

さて今回のポートランドでは街づくり研究、そして次のレベルを目指すために映画監督の友人に会ったり、映像のアワードを何度も受賞してる会社を訪問したりと盛り沢山。変人が多いと言われるポートランドは、面白いアートもあって街も郊外もおもしろいしおかしいww。そしてこっちのカフェはやっぱり最高!編集が捗る☆

ポートランドもあと数日、日本の地方が輝くための良いヒントが今回の旅で見つけられて、クライアント様にシェアできれば最高です!

遊びながら学ぼう。Story First!!

-8/20迄、Story Firstワークショップの無料枠を増やしました-

Story First

-どんな映像を発注し、どこにアウトプットすべきかを明確化-

ブランドの価値、意義、メッセージを見つけ出し映像発注を具体化します。

お申し込みは▶︎https://goo.gl/forms/KKxGGsyLOG1k8V663

8/10、8/29-9/2、 9/7-9/13、10/7-10/14のワークショップの受付は終了させていただきました。

ポートランドのHollywood

ポートランドのHollywood

Comment

企業キャッチコピー

Comment

企業キャッチコピー

映像制作する上で、キャッチコピーはとても重要!私たちはストーリーを作るための発見、制作プロセスを改良しながらより良いストーリーができて、いかにインパクトを残すかと考えています。その中で最後に行き詰まるのがキャッチコピー!

キャッチコピーに音を入れるのか?

ロゴを動かすのか?

ストーリーができてBGMが決まっても、キャッチコピーやロゴの部分で色々考えます!

制作前にはビデオマーケティングの勉強会、ストーリー制作ワークショップを実施し、プロジェクトがスタートします。クライアントとの考え方のズレをなくすためです。キャッチコピーは何に必要かというとユーザーにわかりやすく会社を覚えてもらうためです。映像の最後にロゴと一緒に入れたり、インタビューやナレーションなしの映像だと、会社のキャッチコピーを所々入れていくのです。

そのためキャッチコピーはマーケティングの分野だと考えています。長期的に使うロゴと同じで、それがあるとお客様が覚えやすくイメージしやすいのです。例えば、暮らし感じる変えていく=P&G、インテル入ってる=インテル、そうだ京都に行こう!=JR東海、自然と健康を科学する=ツムラ、make it possible with canon=Canon......。

映像制作する上でインパクトを出すストーリー制作と、最後にビシッと締めてくれる『キャッチコピー』これを映像制作する際に同時にやるとしたらとっても時間がかかるんでしょうね。w 本当にコピーライターさんは凄いなと最近身にしみております。一言でイメージさせるわけですからねー。

そして、現在PV制作させていただいている(株)船井総合研究所は、『明日のグレートカンパニーを創る』ですからね。船井総研は大手コンサルティング会社なので、本当にわかりやすいキャッチコピーですね!筋が通っていて短いのがいいですね!

ちなみにReel Creative Filmsを連想させるキャッチコピーは『Story First』です。どうでしょう?イメージあっていますか?そもそもReel Creative Filmsとちゃんと言えた人が余りいないという 笑:)長い屋号ですが、覚えてくださいね☆そして皆さんもご自身のキャッチコピーを深く考えてみてください。結構楽しいですよー!そして下記ワークショップは間接的にヒントになるかも!!

Story First Workshop無料枠を7/26まで延長!

-どんな映像を発注し、どこにアウトプットすべきかを明確化-

ブランドの価値、意義、メッセージを見つけ出し映像発注を具体化します。

*7/27-8/10のワークショップはお休みさせていただきます*

それでは皆さん良い週末を!

Story First!

Comment

一番人気は『サンディエゴから愛』

Comment

一番人気は『サンディエゴから愛』

昨晩は映像やストーリーをもっと楽しむために、六本木で牛島製茶の玉露を美味しくいただきながら、今まで作った映像を上映し、映像のルーツや、撮影の裏話などをフリーアナウンサーでポスチュアスタイリストの桐島瑞希さんや、登山女子、編集のプロに上手く引き出され、あっという間の学び多き2時間!

特に盛り上がったストーリーは米国から日本へ来日しプロポーズしたリアルな映像、『オレゴンでなくサンディエゴから愛』ww これは、プランニングする時に日米間でやり取りし、彼が来日した時にもプランニング。とっても楽しいプロジェクトだっただけに共感していただけたようです!

映像をどう制作したか、カラクリはを伝えたら、『アーー。なーんだー。』と残念そうでしたが 笑 w 

何をやるのか事前インフォメーションが少なく、ふざけたタイトルの中wwお越しいただき本当にありがとうございました☆写真で皆さんが手してるのは、協賛して頂いた(株)牛島製茶のとっても美味しいお茶!お土産に持って帰っていただきました。

牛茶丸さん、協賛ありがとうございました☆

協賛:牛島製茶(http://www.yame.co.jp/)

*次回、お菓子やカメラ機材の協賛を募集いたしますのでどなたか宜しくお願い致します^^

後援:六本木のハワイアンなオハナ

では、最後にお茶べり会で一番盛り上がったストーリーをご覧ください☆

Story First!!

Comment

ストーリー思考『Bロール』

Comment

ストーリー思考『Bロール』

映像制作においてワークフローは様々ですが、私たちがインタビューベースの映像制作する際に大切にしないといけないのが、Bロールをミニストーリーにすること。そして、それを事前に準備しておくこと。ただ、Cロールも入ってくると、ストーリーとストーリーを繋ぐ、ムーブメントが必要になり、そこをエフェクトだけで終わらせると、感情をガイドできなくなります。

私がBロールと呼んでいるのは、インタビューの話に合っていて、それがミニストーリーになっていることが、Bロールと考えていて、インタビューの話と関連する素材は、『Bロール前のただの素材』なので、撮影する前のプランニングがとても重要です。

クライアントさんは、効率よくアウトプットする事が目的という場合が多いので、まずはここの準備をお互いが失敗しないように、ワークショップを実施し、クライアントのブランドの意義、視聴者がビデオを観たときにどのような感情を抱くか?キーワードを共同で作成します。人の感情をガイドし、心につなげる作業が長期に渡り、ストーリー思考で『Bロール』のプランを作り、撮影し、編集する。これは生産性を上げる仕事としてもこのワークフローは重要です。

StoryFirst!

Comment

【一夜限りの映像制作お茶べり会】

Comment

【一夜限りの映像制作お茶べり会】

【一夜限りの映像制作お茶べり会】

映像とストーリーを楽しむ為に、撮影技術の解説も踏まえた上映会をやることになりました。このお茶べり会は、粋な仲間の後援と、牛島製茶さんの協賛で開催いたします。

内容は決して上級者向けでなく、お茶を飲みながらプロジェクターで上映した映像を観て、映像やストーリーを学び楽しむ会です。(普段映像制作しない方は脳トレになりますよw)

映像やストーリーが好きな方は是非お気軽にお越しくださいね。

▶︎日程:6/29(水)19:30-21:00
▶︎場所:六本木ヒルズ徒歩3分の隠れ家オフィス(参加者のみ公開)
▶︎参加費:¥1000(スナック+八女玉露付き)
▶︎定員:7名様(残り5名様)
▶︎協賛:牛島製茶(http://www.yame.co.jp/)
▶︎参加資格:映像制作に興味のある方(上級者向きではありません)
▶︎上映する映像タイプ:添付してるような2分前後のプロモーションビデオが多いです。
▶︎申し込みはこちらから

Comment

インタビュースタイルと映像のシンプルバージョン

Comment

インタビュースタイルと映像のシンプルバージョン

Reel Creative Filmsは実写版のプロモーションビデオ制作に特化していますが、その中でも大きく分けて、インタビューベースの映像と、インタビューが入らない映像があります。

インタビューベースは、ドキュメンタリー映画のようなイメージ、インタビューが入らないシンプルバージョンは、映像の上にテキストが入ったり、曲で緩急をつけたりしています。どちらが多いかというと、ほぼ半々だと思います。会社の紹介ビデオを制作することが多いので、その会社のイメージや、出演する方がどうしたいかで決めています。

このようなインタビューベースか、シンプルバージョンを決めるために重要なのは、映像のこと以前に、会社全体のプロモーションの整理をすることだと思います。そしてその機会を作ることだと思います。最近では都内以外からのご依頼でスカイプを利用して行ったり、都内では、大手コンサル会社様や、大手経済誌の方へもワークショップを実施させていただきました。

そんなワークショップの無料枠がなんと残り1枠になりました。ブランドの価値、意義、メッセージを見つけ出す際に最適です。6/30までですのでぜひこの機会に。(上記写真は、私が南房総の日の出を撮影してるところを友人がすかさず撮ってくれていました。)

お申し込みはこちら

Comment

残り3枠!Story First Workshop

Comment

残り3枠!Story First Workshop

どんな映像を発注し、どこにアウトプットすべきかを明確化するワークショップ『Story First』は、ブランドの価値、意義、メッセージを見つけ出し映像発注を具体化します。

世界でネットがつながっている時代とか、ネットがつながっていないとか、関係なく、映像は人の心を動かすツールです。TVでCMしか流せない時代には、莫大な広告費をかけれる大手企業だけが映像を創り、国内へ自社商品やサービスを知らせることができて、広告費をかけれない中小企業は、紙媒体の広告や新聞等、映像を使うことはほぼありませんでした。しかも全国的に広告できることはほぼなかったと思います。

しかし今は、映像を創れば国境もなく自社の商品やサービスを広めることが出来ます。Story First』は、今まで映像を創ったことがない企業様を中心に行っていて、ワークショップでお話しをうかがうと、視聴者の感情をどのような気持ちにしたいかを考えるパターンが少ないので、企業様と視聴者のギャップを埋めていき、どんな映像を創るべきかを明確にしていっております。受講者様からは、もやもやがとれてスッキリした等、お役に立てているようなお声をいただくことも増えてきました。

『残り3枠』ご興味のある方は6/30まで無料ですのでこの機会に是非こちらからお申し込みください。

Story First!!

Comment

PV制作から見えたQuippy誕生秘話V1

Comment

PV制作から見えたQuippy誕生秘話V1

お腹が空いて、何を食べたいかわからない時にQuippyを使ってみてください。アプリを開くとInstagramの食べ物の写真が出てきてそのままGoogleMapでお店まで案内してくれます。検索いらず、直感で食事を選べる新感覚アプリです。

  1. レストランに紐付いた写真だけ表示される
  2. 徒歩4分以内にあるレストランにたどり着ける(徒歩13分まで設定可能)
  3. 食事の時間です!と教えてくれる
  4. レストランに紐付いてる写真がInstagram経由なので信憑性がありたまにコメントが面白いw

Quippy PV (Japanese version) 

Quippy PV (English version)

Quippyを開発したrich Table Inc.

Quippyを開発運営しているのはrich Table Inc.という日本のスタートアップ企業です。rich Table CEOの奥村氏はシリコンバレーより帰国後、5/3にQuippyをローンチしました。”検索の枠を超えて直感”でレストランを選べるのですから今までの検索の常識を覆したことになりますね。

InstagramのAPI使用許可

InstagramのAPI使用許可種類は5つあり、難易度がそれぞれ異なります。まずbasicは申請すれば誰でも許可されるそうです。like,follower list, follow/unfollow, はかなり難易度が上がり世界中のInstagram関連アプリでも100個もありません。

そして一番最後のpublic contentは今までのInstagram関連アプリでも取得したアプリがないので難易度がとても高く、Quippyもこの申請で何度も、何度も、何度も、米国Instagramへ申請を繰り返しました。

Instagramから許可されない理由も不明

ローンチする際のQuippyのPV制作は進んでいても、InstargamはAPI使用許可をしてくれないというまさかの展開!もちろん米国Instargamは理由を教えてくれません。僕はてっきりInstagramがQuippyのアイデアをパクッたのかと思いました^^

エイプリルフールに使用許可したInstagram

4/1にrich Table奥村氏より「Got approved」とメッセージが入り、エイプリルフールかと思ったらpublic contentで貫き通した、Quippyが日本初、世界でも数社しか取得してないInstagram関係アプリのpublic content API使用許可を取得しました。検索から直感へと今までの常識を覆し、5/3のQuippyリリースに至るまでrich Table CEO奥村氏のアイデア、ビジョン、諦めない姿勢、沢山のストーリーが世界初の素晴らしいアプリを誕生させました。

PV制作の4P(People Place Plot Purpose)

1(People)世界展開を意識したキャスティング

1月にrich Tacleより海外展開向けにPVを作りたいとのご依頼で、今回は純粋な日本人でなく日本とスペインのハーフで役者のCarmen Kobayashiにオファー、そしてShu Kakizawaの協力の元、フランス人役者のRacha Bouajilaにオファーし実現しました。

2(Place)世界展開向けにロケ地はそれらしく

ロケ地は重要です。室内のカフェやレストランは海外ぽい場所はあるのでさほど難しくありません。しかし外での撮影は気をつかいます。なるべく偏りがない場所を選びました!

3(Ptot)ストーリーはシンプル

誰が見てもQuippyのコンセプトがわかる。そしてエモーショナルも伝わる。そんな映像にするためにrich Table  IncでProduction Meetingを開き、Production Bookを制作していきました。

4(Purpose)世界へ広めるために

アウトプットは必要不可欠です。どんなに素晴らしいアプリを作っても、人に知られないと意味がありません。ビデオの制作段階で、『今こんなアプリのビデオを作ってるからできたらシェアするね。』と友人に伝えました。役者やプロダクションアシスタントとも密に連絡を取り、ビデオが完成したらアプリの記事やビデオをSNSでシェアするようお願いしました。そしてこの記事も書いています。 笑

Client: rich Table Inc. (richtable.net/)
App Store
itunes.apple.com/jp/app/quippy/id1091168923&hellip;
Google Play
play.google.com/store/apps/details&hellip;
Quippy HP
quippy.me/
---
Director - Tomohiko Tanigawa(reelcreativefilms.com/newsupdates/quippy)
DIT - Takayuki Ota
Production Assistant: Shu Kakizawa
Production Assistant:Kaede Kato

CAST:
Carmen Kobayashi
Racha Bouajila

SPECIAL THANKS:
Eggcellent(http://eggcellent.co.jp/top/)

Comment

羽田空港eggcellentBITES

Comment

羽田空港eggcellentBITES

メルセデス・ベンツ×eggcellentのコラボレーションカフェeggcellentBITESさんの、エッグタルトブランドビデオを制作させていただきました。普段見れないバックストーリーはもちろん、一個づつ手作りなので、そこにフォーカスできるような映像にしました!卵の量もすごいんですが卵を割る速度がとっても早いです。思わず耳を澄まして聞いてしまうように、卵を割る音、オーブンで焼けてる音に緩急をつけています。

この映像の目的は空港内のデジタルサイネージ、FacebookやSNSでのご活用です。羽田空港にお立ち寄りの際はぜひ映像もご覧いただき、こだわり卵を使ったHomemadeで焼きたてなエッグタルトをお召し上がりください。口にする度『うまっ!』と声が出ますよ。そしてきっと、しあわせな気分になります!

Client: eggcellentBITES
Director:Tomohiko Tanigawa

そしてここからはeggcellentさんより『朝文化を創ることに情熱がある人』へ求人朗報です。是非ビデオコマーシャル下をご覧ください。もしかしたらあなたにぴったりのお仕事で、情熱やしあわせな念いをeggcellentな仲間と共有できるかもしれませんよ^^是非応募してみてください!

Client: eggcellentBITES
Director:Tomohiko Tanigawa

BGM version

eggcellentより求人情報

【募集職種】ホール・キッチンスタッフ、店長料理長候補

【雇用形態】新卒18万円〜45万円

【福利厚生】月次インセンティブあり、各種社会保険加入、1回昇給有、提携農場、牧場への社員研修有、社員割引あり

【仕事内容】お客様へのサービス、調理、新商品開発、イベントタイアップメニュー考案

【勤務地】六本木ヒルズ、羽田空港

【勤務時間】6:30~22:00シフト制 実働8時間

【休日休暇】月7日休、リフレッシュ休暇4日付与

【応募資格】未経験大歓迎、男女問わず30代後半までのやる気あるベンチャー気質あふれる人。新しいことにどんどん自らチャレンジできる人。経営に興味がある人。

【求める人物像】朝文化を創ることに情熱がある人

【募集期間】〜2016/7/30

【採用予定人数】4名

【選考プロセス】面接、体験入店あり

【採用担当者名】神宮司希望

【ウェブサイト】http://eggcellent.co.jp/haneda/

Comment

費用対効果は計測できないからストーリーは最高の共感形成ツール

Comment

費用対効果は計測できないからストーリーは最高の共感形成ツール

費用対効果は計測できないからストーリーは最高の共感形成ツール

日本は海外ほどストーリーを意識せず、ロジカルに話すことが多くストーリーを語らない。そういう記事がないかなと探していたら、Storytellingやプレゼンテーション、ボディーランゲージについて岡本純子さんというコミュニケーションストラテジストの記事があったのでシェアさせていただきます。

メールはロジカルで話すべきことも多いですが、ビジネスでストーリーを使うシーンはもっと増えると思います。ウェブサイト、SNS、プレゼン。企業のストーリー戦略は日本でもっと取り入れられるべきと私も思います。

失敗を話せない社会、間違いを失敗にする社会。こういう日本のカルチャーも良し悪しですが、結局大事なのは自分の情熱と行動。自分次第で学びとして解決することもできます。下記動画、Amazon CEOのスピーチのようにストーリは最高の共感形成ツール。日本にもっともっとストーリーが必要ですね。全ての起業家はそうだと思いますが、彼はAmazonを創業した時、、失敗しても後悔しないと思えた、やらない後悔よりやる後悔が良い!と思ったそうです。これって成功したから言えるのでなく、成功するために創業当時からストーリーを描いてストーリーを語っていたんですよね。

私も2007年より何度も渡米しましたが、アメリカで起業家に会うと本当に成功したかのようにストーリを語ります。しかし日本人は全てでないですが謙遜しすぎで自分に蓋をしているだけとみられることもあります。謙遜するより自分のストーリーを岡本さんが書いている下記プロセスで話してみましょう。きっとあなたの人生とビジネスが変わります!

① まず、自分の中の人生の転機を探し出し、そこにどんな意味があったか、どういった教訓や発見があったのかと考えてみる。その教訓が聞き手に伝えたい、聞き手に興味を持ってもらえそうなメッセージであれば、ストーリーとして成立する可能性があるということ。
② ストーリーはアーチの構造で語る。クライマックスに向けて事態を展開させ、シズル感を演出してみよう。
③ クライマックスを軸として、その前後で、主人公に変化が現れる。通販番組の「使用前」と「使用後」ぐらいの劇的変化が現れる場合もあるが、ほんの小さな気づきや意識の変化でもいい。

Comment

動画制作はアプリでも作れない。セールスでなく、アイデアが始まったストーリーを!

Comment

動画制作はアプリでも作れない。セールスでなく、アイデアが始まったストーリーを!

動画制作はアプリでも作れない。セールスでなく、アイデアが始まったストーリーを!
スタートアップも老舗企業も、『なぜ』仕事をしているか忘れがちです。人は感情でモノやサービスを買うので、セールスはいつも、嫌がりますよね?誰もが聞いてくれるのはストーリーです。なぜ、このアイデアが始まったか、Why を話すと、How、と話が続き、結果的に、What(モノ、サービス)につながります。これを逆にするとセールスになり人は心を動かしません。そのゴールデンサイクルを話している動画をクライアント様から頂きましたのでリンクからご覧ください。

Comment

ビデオマーケティング勉強会

Comment

ビデオマーケティング勉強会

『人を力づける』というミッションの元、中小企業オーナー様に映像やコンテンツを価値あるアウトプットをして欲しいと思い、4/12、なんと地震の2日前、、粋な友人のコーディネートで90分間のビデオマーケティング勉強会を開催しました。

勉強会では実例を元に3つのことをお話しさせていただきました。

  • ビデオマーケティングの目的
  • ビデオマーケティング成功事例
  • ビデオマーケティングの失敗例

下記アンケートの結果通り好評でしたが、私の方が学び多き時間となりました。

九州の粋な皆さんありがとうございました!余震が続く中とても大変ですが、熊本の友人のアドバイス通り、今はプロに任せて復旧をただただ祈るばかります。

勉強会の満足度

コンテンツを上映したい場所

一番解決したいこと

*ビデオマーケティング勉強会開催をご希望の方はお気軽にお問い合わせください*

info@reelcreativefilms.com

Comment