なぜストーリーなのか? 従来の広告では何がよくないのか?

考えたことはありませんか?

僕は映像を制作するうえで、人の感情やバックストーリーに注力して制作しています。

逆に商品やサービスだけを映像にすることはほとんどありません。

スマホが主流のこの時代、

関心をつかむには最初の3秒が勝負、

セールスは3秒で削除され、ストーリーはみんな分かち合うのです。

人は毎日4000〜5000の広告を目にしているといわれています。ネットが普及する前に比べ、選択肢があきらかに増え、消費者が広告を見る時間は減少し、80%以上のミレミアル世代は従来の広告をまったく信用していないそうです。

何を購入すべきか、何を考えるべきか、と言われることに疲れ、信頼性の欠如により、広告主と消費者の関係は崩れています。

その現実の中、意味あるストーリーの力を用いれば、クライアントの消費者に力を与え、彼らが自分で決定することを可能にします。

ストーリーは最高の形のコミュニケーションツール!

ストーリーはメッセージの固まりを打ち砕き、記憶に留まり、分かち合い、視聴者と本物のつながりを作ることができます。そしてそれに加え、人は感情を元に決定します。

広告より、ストーリー

Story First!!



Comment