Viewing entries tagged
Blog

【 New!! インドネシア進出の株式会社八木春PV映像 】

Comment

【 New!! インドネシア進出の株式会社八木春PV映像 】

大阪、和歌山、ジャカルタ、バリの方々の協力で、八木春さんのプレゼン映像が出来ました! 創業88年の八木春さんは、高度成長期の日本での学びから、ジャカルタやバリのホテルに日本のタオルの販売から、バリ島で一番大きなリネン工場を設立し、クリーニングまでを一貫して請け負うという、発展途上国への展開は、八木春さんの現地スタッフや取引先に笑顔を与えています。 既にこの映像は「まずは会社のコンセプト映像を見てください」と国内外の新規開拓でも使われています。ビデオマーケティング、ビデオブランディングは、直接映像を見せるのが大前提で、おまけとして、会社の受付や、展示会、ウェブサイト、YouTube、FB、Twitter、Instagram、Mailで使い さらに言うと、プレゼン後に、取引先の上司にも、同じ映像を見せてもらう事で、数字だけでなく、感情での判断材料があるので意思決定がスピーディーになります。

s_GOPR0849-2.jpg

Comment

映像を使って、もっと楽に、「 最速で 」プレゼンしよう。

Comment

映像を使って、もっと楽に、「 最速で 」プレゼンしよう。

人を集める。物を集める。お金を集める。愛を集めることで、一番最適な伝え方はなんでしょうか?サイモンシネックのゴールデン・サークルでは、伝え方の順番をWhy、How、Whatの順で話しなさいと言っています。私たちが企業や団体、家族や友達、地域のコミュニティに属していても、ビデオマーケティングに共通している事は、人の感情を動かすこと。

s_AdobeStock_231921307.jpeg

中小企業からの相談は『 会社を知ってもらう 』、『 集める 』ことを目的として、映像という選択肢を用いることが多く、大企業は『 それぞれの部署を社員に知ってもらう 』『 社員のモチベーションを上げる 』『 採用マーケティングの一環として、学生に疑似体験してもらいたい 』という多いのです。

山口周さんの本を見ると映像業界やデザイン業界が伝えたいことを、代弁してくれていてありがたいのですが、映像を経営に取り入れたいというタイプは、感性が豊かで美意識が高く、会社を作品と考えている理性も備えたアート型の経営者です。一方でサイエンスだけで経営をすると今の不安定な時代は危ないと言っています。映像制作に限定して考えてみると、理論や理性で動く、サイエンス型の経営者は、意思決を金額だけで判断して、感性を兼ね備えたアート型の経営者は、クリエイティブで拘りがあり、他との差別化を明確にするストーリーを持っているので、意思決定を美しさ、楽しさ、感謝や世界観で行います。

技術やデザインはコピーされやすい。しかし、感情やセンスというジャッチや、世界観とストーリーは、オリジナリティーがあり、差別化できる。非言語である映像はコピーすることは不可能で、伝えることではなく、見せることに価値があります。

企業や団体、個人事業主、誰もがストーリーと世界観ををもっているのに、伝わらないのはもったいないと感じます。全国や世界へ発信したいストーリーがあれば、もっと楽に、「 最速で 」プレゼンしよう。

お気軽にご相談ください。 hello@storyfirst.jp

Comment

社内業務を〇〇〇〇〇化する動画活用法

Comment

社内業務を〇〇〇〇〇化する動画活用法

離陸前に上映される安全ビデオは、ルーティン化動画の代表といえます。お客様は動画で見たほうが明らかに理解しやすく、永久に再生する事ができるので客室乗務員は他の仕事に集中できますし、上記のように完成度が高いとブランディングにもつながります。飛行機だけでなく動画を活用して、ルーティン化できることはないでしょうか?例えば...

・会社概要の説明

・商品 / サービスのプロモーション

・技術継承

・工場見学の説明

・観光地のガイド案内

・社長メッセージ

ある調査では、1分の動画で伝えられる情報量はWebページ3600枚に匹敵すると言われており、人は会話すると無意識に同じ内容を2回以上話すのでリアルの説明だと長くなり、生産力が落ちるのです。しかし動画だと編集により重複箇所を省けるので時間短縮にもなります。写真や動画は誰でも撮れるのですが、人が見やすいストーリーを作るには以下のようなステップがあります。

・ストーリーを考える - (序盤):(中盤):(終盤)= 25:50:25

・キャスティング - 社員?モデル?

・適したカメラ、マイクを購入 - 最低でもHD、主流は4K

・撮影 - 98秒の動画で最低でも30カットは必要です

・編集ソフトを購入して編集 - Adobe Premiereで編集

・Webサイト、Vimeo、instagramへ公開

ルーティン化は生産力がグッと上がると理解している会社が多い中、なぜやらないかというと、構築が面倒だからです。しかし採用難というこの時代、生産力を高めることが重要だと思います。

話を戻すと安全ビデオのように、制作する過程は面倒で、一時的な費用がかかっても、毎日その人がやらないでよいこと、話すことが減るという事で、数ヶ月でコスト削減につながります。

この機会に社内業務で動画でルーティン化できることをコメントにシェアいただけたら嬉しいです!

Comment