最近、会社のPromotion Videoはその会社のユニフォームと同じと思うようになりました。1年 365日、人生も仕事も、良いこともあり、納得いかないこともあります。そしてそれをどう思うかは感情が決めます。だって人間だもの。ですね。感情は自分を良い方向にも悪い方向にも導きます。

この法則をシンプルに考えると良い感情で常にいることはを、全ての社員に押し付けることは難しいですよね。そうなると名刺やユニフォームがあるように、感情が良い時に、ユニフォーム代わりのPromotion Videoを制作するとそれが365日同じ感情でお客様に伝わるんですよね。そういえば僕もユニフォームあるんですよ。このウェブサイトtopにあるVisualize Your Storyです。(笑)年中無休。世界中でよく働いてくれています!

目的によってStoryは導かれます

#1 STORY FIRST!

Promotion VideoのPurpose(目的)が決まったら、Story Firstです。

あなたのハートでガイドします

#2 QUESTIONS!

まずは目を閉じてペンを置き。どういうStoryで始まるのか?どういう展開になるのか?どのように終わるのか?その出演者や撮影場所の感情はどういう感じなのか?...

20㌫のスケジュールは80㌫の完成を左右します

#3 TIME SCHEDULE!

移動時間、撮影場所の住所、撮影スケジュール、出演者のスケジュール、天候スケジュール...

ライティングで感情の80㌫が決まります

#4 LOCATION SCOUTING!

どこがインタビュー場所に適しているのか?雑音...屋内ではライティング、屋外では日の入りもチェック。

ストーリーの素材を何にするのかを検索し、イエローパットにメモしながら、Production Bookをつくる。この地味な作業は実際、僕がロケハン(下見)する前に行う作業で、昨日もプロジェクトのために早朝から行ったのですが、サクッとボルダリングを終えて、なんと20:00過ぎに寝てしまい現在2:30am。すでに起きてしまいました。ww 最近眠くなるのが早く、いきなりカクンと落ちてしまいますが健康な証拠でしょうかww

-10/6迄、Story Firstワークショップの無料枠を増やしました-

Story First

-どんな映像を発注し、どこにアウトプットすべきかを明確化-

ブランドの価値、意義、メッセージを見つけ出し映像発注を具体化します。

お申し込みは▶︎https://goo.gl/forms/YWc1O1NDLEIxkJ7Y2

8/28-9/2、 9/7-9/13、10/7-10/15のワークショップの受付は終了させていただきました。

Comment