海外でのPV撮影では移動中に撮影を行うこともある為、機材をレンタルする選択はないので大荷物になり、機内の手荷物はドローンバックとカメラやバッテリーを入れたPeak Designのバックパック30ℓ。預ける荷物はカメラ、レンズ、音声機器、一脚、三脚、衣類を入れたThinkTANKのビデオリグで、総重量は約40㎏にもなります。
ジャカルタとバリに進出した、八木春さんの本社がある大阪と和歌山の撮影を終えたのは7月。残りの撮影を行う為に、ジャカルタとバリへ行ってきました。

2018-07-31_17-24-56_065.jpeg

プロモーションビデオ制作で大切な事は、お客様とのコミュニケーションです!完成したビデオをどこにアウトプットしたいのか、目的な何なのか、経営課題は何なのか、主役は誰なのか、撮影場所はどこなのか、そして視聴者にどんな感情になって欲しいのか。良い作品にする為に、ストーリーを語ってもらい、お客様が把握している事、把握していない事も理解する必要があります。

s_2018-10-06_15-05-48_980.jpeg

例えばあなたが、亡くなった祖父の映画を作るとしたら、祖父について深くリサーチしないと良い作品はできません。祖父が祖母と出会った場所はどこなのか。何歳の時に結婚したのか、仕事は何をしていたのか、どのようなキャラクターだったのか、人生で大切にしていた事は何だったのか、何をよく食べていたのか、好きなスポーツは何なのか、どのように亡くなったのか。把握してなければカメラを持つことに意味がなくなってしまいます。一方で何を知ってどんなネタがあれば映像ができるかを学ぶことも大切なことです。

大阪本社で撮影する前に、電話やチャット、東京支社でも打ち合わせを行いストーリーや事業をリサーチしてプロダクションブックを作成。大阪本社、和歌山のタオル工場と倉庫で社員をメインに撮影して、ジャカルタでは八木春さんが出店しているイオンモールや事務所で撮影を行い、バリの美しいロケーションをドローンで撮影。

s__DSC3130.jpg

やはり国内も海外も事前の準備とコミュニケーションが重要です。ストーリーを語ってもらうことは大前提として、ウェブサイトや、Googlemapでロケーションをリサーチし現場へ向かいます。その場でなんとなく撮影をイメージするのではなく、いつもいい気分で、クリエイティブに人や場所をイメージして撮影に挑むことが重要です。

s_GOPR0829-2.jpg

現在インドネシアは、人口がおよそ2億6千万人となっており世界第4位です。日本の平均年齢が約45歳と高齢化が加速する中、インドネシアの平均年齢は29歳と非常に若く、首都ジャカルタは2019年MRT(地下鉄)が開通することもあり活気に満ちています!イオンモールがあるBSD Cityの向かいにはアップルコンピューターの研究施設を建設中で、東急のタワーマンションもあり、バリ島はサーフィンや観光客で賑わっています!

海外から日本進出してくる企業は100%、自社のPV映像を持っているので、映像を見るとどんな会社か理解することができます。一方で海外展開する日本企業はPV映像を持っていない企業が目立ちます。先日ジャカルタのイオンさんと八木春さんとの打ち合わせに同行したのですが、イオン担当者さまが『東南アジアの他店舗にも八木春さんのことを紹介したいので映像ができたら早く送って欲しい!日本になかなか行けないし映像が一番わかりやすい。』と言われました。やはり映像はお客様の元へ届くプレゼン資料としても需要があります。

今回八木春さんが国内と海外でプロモーションビデオを制作した目的は、Show, don't tell 【見せる、伝えない】です。スピルバーク監督は映画こそ世界共通言語と言っており、我々も企業のストーリーや世界観を見せる映像こそ世界共通言語だと思っています。

Comment