みなさんに、質問です。

企業のPV を制作していく上で、一番重要なポイントは何だと思いますか?

編集でなく準備

編集でなく準備 映像制作において「編集」が何よりも大切だと考える人も多いですが、

実は【Pre-Production(制作前の準備)】が答えです。どんなに編集技術が高くても、撮影目的・撮影場所への理解・制作意図などのPre-Production をしっかりと認識していなければ、完成度の高いビデオは出来ません。

ビデオが完成したとしても、それに依頼主が満足できないのであれば、価値がないのと一緒なのです。つまり映像制作をしていく上では、重要なのは制作前の準備となります。制作準備さえしっかりしていれば、その映像は大きな価値とインパクトが見い出される作品になることでしょう。「これ、すごく素敵!」「何だか印象に残るわ」と感じさせる企業PVは、いったいどのようなものなのでしょうか?YouTubeで頻繁に流されている映像のように、話題性やインパクトを強く重視したものが必ずしも良いとは限りません。

ストーリー性

お客様にとって良い映像とは、【ストーリー性】が込められている作品です。映像の中にストーリーが込められることで、お客様の映像に対する理解度を深めることが出来るのです。 これは、魔法を使って売り上げを急激にアップさせるという、一時的なテクニックではありません。視聴者を感情によって揺り動かし、そして企業側が伝えたいメッセージを長期的に留めさせるという嬉しい効果が生まれるのです。 このように映像に込められた強いメッセージが、企業とお客様とのコミュニケーション力を高めて、双方の距離をグンと縮めてくれます。そして、お金儲けのために作られていない、あくまでも企業の良さを発信するためのツールとして作られている映像になります。 そのためにはPre-Productionがとても大切な要素となるのです。しかしながら、Pre-Prouction通りに撮影できないのが、企業のPV制作! 理由は簡単です。

頼んでしまうと・・・大失敗!

実は、企業PVは社内で撮影することが多いのですが、その会社の社長やキーパーソンは、忙しくてなかなか時間を取ることが出来ません。制作側が「映画のような柔らかい雰囲気で撮影をして、視聴者の気持ちを揺れ動かすような作品を作らなきゃ」と意気込んでいても、うまくは行かないのです。なぜなら、取材される本人達は緊急の電話が入ってしまったり、会議や打ち合わせ、また宅急便が届いたりと落ち着く暇がないからです。そこで「このシーンは、このような動きでお願いします」と頼んでしまうと・・・大失敗!取材者は俳優ではありませんから、ぎこちない動きとなり、本来の良さが一気にかき消されてしまうのです。そこで、キーポイントとなってくるのが【相手のボディーランゲージをよく見ること】です。更に言うならば、

相手のボディーランゲージをよく見て、ガイドしていくこと

ボディーランゲージをガイド

いったいどういうことなのか、お分かりになりますか?

例えば、取材相手に元気が無かったり、何度撮影しても無表情で撮影がなかなか進まない状況だったとします。 そのような状況を打開するためには、取材者である自分自身が【ボディーランゲージ】を使うのです!喋り方に抑揚をつけながら、話に自分自身の感情を込めて、相手の感情をどんどん揺さぶっていきます。 時には家族や友人の話を出したり、ドリンクを差し入れたりして、相手がナチュラルな状態になるように努めるのです。企業PVは長期間残る、企業にとってはとても大切なものなので、会社の雰囲気がナチュラルに映し出されるようにしなければなりません。

また、インタビューを行う際には、相手の表情に十分に注意していきます。表情がこわばっていると、制作者が丹精込めて仕上げた他のシーンと大きなギャップが生まれてしまうからです。インタビューの声や態度が、まるでパフォーマンスをしているかのようにわざとらしいのはNG!カフェで友人との会話を楽しむようなリラックスした雰囲気を作り上げることで、取材相手も自然体に受け答えしてくれるはずです。

その上、ボディーランゲージを加えれば、会話にメリハリが生まれてきます。そして映像を制作していく上で、インタビュー・BGM、Story・キャラクター・場所・制作目的・話の進め方など、すべてに影響を与えるのです。 企業のPVで繰り広げられる取材者の会話は、もはやBGMのようなものだと捉えることができるでしょう。 撮影目的・撮影場所への理解・制作意図などのPre-Productionは、目には見えないコアな部分で、映像にインパクトと価値を見い出してくれます。 その上ボディーランゲージを加えれば、新たな発見が生まれて、更に映像の価値が上がるというわけです。

下記の動画は社会心理学者エイミーさんの『ボディーランゲージが人を作る』も是非ご覧ください。

<お知らせ>

11/25まで、Story Firstワークショップの60分無料枠を増やしました!

ちなみにStory First とは、どんな映像を発注し、どこにアウトプットすべきかを明確化することです。 これによって、ブランドの価値や意義、メッセージを見つけ出し映像発注を具体化していきます。

お申し込みは、https://goo.gl/forms/YWc1O1NDLEIxkJ7Y2 まで。

Comment