2017年動画マーケティングが重要な5つの理由

Facebook、Twitter、Instagram、YouTube 、Vimeoで幅広く活用できるコンテンツは重要です。そしてユーザーとのつながり、販売促進のマーケティングにおいて動画は重要になっています。

その点を証明するためのいくつかの統計があります。 Syndacastによると、2017年の全インターネットトラフィックの74%がビデオになります。それだけでなく、電子メールの件名に「動画」という言葉を使用すると、開封率が19%UP、クリック率が65%UP、未開封が26%も減少する可能性があるという調査結果があります。 Twitterによると、ビデオや写真が最もリツイートを得ています。

【1.Facebookの動画戦略を強化】
昨年、Facebookは、ビデオ視聴者数が1日あたり40億ビューから7ヶ月間に80億ビューに倍増したと発表しました。このビデオ視聴率の驚異的な成長は、広告費の引き上げ、視聴者の増加につながる膨大な動画の可能性を示しています。ユーザーはニュースフィードをブラウズしながら動画を見ることができるので再生ボタンを押す前にタイムラインに動画が流れます。

【2.SEOの利点】
動画は検索結果に直接影響します。ビデオを含むリッチメディアは、検索エンジンのアルゴリズムによって好まれていることはよく知られています。GoogleがYouTubeを所有しているという事実も、動画の人気の高まりを左右します。 Googleは、検索中にユーザーに有意義な体験を提供するため、アルゴリズムを常に調整しています。ユーザーの意図を満足させるために、キーワードマッチだけでなく、さまざまな結果が表示されます。その結果、検索結果では、上位の結果の間にビデオが顕著に表示されるようになりました。

【3.脳に優しい】
このデジタル時代にコンテンツがありふれています。人々が処理できない情報になっている中、動画は人を新鮮にし、心にインパクトを残します。

【4.共有されやすい】
ユーザーは他の形式のコンテンツよりもビデオを共有して再共有する可能性が高くなります。企業や専門家のビジョン、専門知識、製品、サービス、会社のニュースを最大限にアナウンスを紹介する素晴らしいツールです。

【5.一石二鳥】
お客様の到達プロセスのどの段階であっても、動画が役立ちます。ブランドの認知度を高めたりする目的は、すべて動画を通して達成できます。多くの人々が購入を検討する前に、製品のレビューやブログをみて確認します。 Animotoの調査によると、消費者の96%がオンラインで購入の意思決定をしているときに役立つビデオを見つけているそうです。さらに、ビデオを制作している企業は信頼性が58%高くなるそうです。

以上、動画は販売を促進し、他のコンテンツよりも優れた情報を伝達し、ブランドやその製品に対する信頼を促進します。意味ある動画は、すべての企業のマーケティングの重要な要素となっています。

いかがでしたか?
ご質問はお気軽にコメントいただけたら嬉しいです。
よい一週末を^^
参考記事:
http://www.huffingtonpost.com/swati-joshi/why-video-marketing-is-th_b_9230342.html

<お知らせ>

12/25まで、Story Firstワークショップの60分無料枠を増やしました!

ちなみにStory First とは、どんな映像を発注し、どこにアウトプットすべきかを明確化することです。 これによって、ブランドの価値や意義、メッセージを見つけ出し映像発注を具体化していきます。

お申し込みは、https://goo.gl/forms/YWc1O1NDLEIxkJ7Y2 まで。

Comment