- Reel Creative Films 谷川智彦 -

御縁が繋がりリール・クリエイティブ・フィルムズで制作させていただいたビデオ(動画コンテンツ)を、クライアントがどのように活用して行くのか?という課題や問い合わせもある。中小企業でも比較的、規模が大きければ決まり事も多く、慎重に扱わないといけないシーンも増えてくる。そして私たちはビデオ(動画)マーケティングプロデュースをする上で、完成したビデオをクライアントのオフィスに持ち込んで、ビデオマーケティングワークショップを開催してみた。

結果は、動画は、3日で13万回再生された!コメントは、300以上、シェアは1600以上、いいね!は、なんと、6500以上。

クライアントも私たちも、この結果には大満足。私たちが90分のワークショップで説明したことを、実践し、SNSやYouTubeの力へ任せる。という事をシンプルに行っていただいた。そして、スピーディーに行動してくれたことも成功要因のひとつ。ビデオは自分で感動して何度も観るよりも、感動する分、人にどんどん観せたほうが効果がある。そして、人によって受け取りかたが違うので、一人一人の意見を鵜呑みにするのもよくない。そう、問題に集中するより、結果に集中したほうが楽だし、逆に少し恥ずかしくても楽天的に、ビデオが完成したら24時間以内に世界へ公開することを心がけるくらいがちょうど良い。

このビデオのコンセプトは、クリエイティブな仕事を、更にどうクリエイティブに魅せるか?そして、ユーザーが、この商品に価値を見いだすためのもの。このビデオ制作前は、スタッフが撮影した写真のみの掲載であまり反響がなかったそうですが、ビデオにして3日で13万回観られるということに、ビデオの威力を感じます!そして今は、14万回突破し伸び続けています。今やYouTube+Vimeo+Face動画の時代ですね。

まとめ:

・動画完成後、ビデオマーケティングワークショップを開催したら、すぐに効果が出た。

・とにかく動画完成後、24時間以内にアップする。

・動画はmp4等のいくつか形式があるので、どこに、どの形式で、どのサイズでアップすれば良いか?分からない方もいるのでワークショップでのサポートが必要。

・今後は0(ストーリー制作)から10(完成)でなく0から11(公開)までお付き合いすることにしよう。

Comment