2017年にはすべてのインターネットトラフィックの74%がビデオになります。

企業のマーケティング担当者は早い段階で自社の映像コンテンツ戦略を肉付けするために様々な知識とリサーチを行う必要があります。わずか数年ですべてのインターネットトラフィックの約四分の三を占めるのは映像だということが予測されています、それは非常に重要です。数年で自社の映像コンテンツクリエイティブチームを構築し、多様な戦略をスピーディーに進める準備が必要です。

費用対効果とビデオ計測

映像コンテンツのマーケティング活動の費用対効果を決定する際に、映像の重要性の他に。ビデオ分析が必要です、マーケティング担当者は自社のコンテンツが視聴されたことだけでなく、視聴維持率を分析し、どのような地理的位置から、どのような順序で表示させたか。を計る必要があります。これはYouTubeであればほぼ管理画面で計測する事が可能です。

ビデオ視聴者の65%は、ビデオ¾以上を視聴する 

映像コンテンツの定着率が文字ベースの内容のものを上回ると、ビデオが視聴者の最寄りのコミュニケーションスタイルであることは明らかです。文字ベースから豊かで魅力的な映像コンテンツへの移行することで、ユーザーとのコミュニケーションが豊かになります。ナレーターや代表、社員が映像コンテンツ内で語る事によって更にユーザーとのコミュニケーションが高まります。E-Mailやアンケートフォーム、店舗内にも映像コンテンツを使い自社のコミュニケーションを高めてゆきます。

Comment