下記資料はインターネット動画マーケティングがどれだけ伸びているか、そして効果的かを物語っています。そして下記文章がまさしくキーポイントにもなっています!

  • “コンピュータ上のビデオコンテンツを見ることは、オンライン消費者の間で、テレビで映像コンテンツを見ていると同じように人気となっている。”
  • “従業員100人以上の米国企業の36%は、すでにマーケティングの目的のためのYouTubeを使用していますYouTubeの採用は年間24%で成長している。”
  •  

北米のコンテンツマーケティングで使用されるフォーマット種類においても、プリント(紙)は-2%、ウェブサイトは+3%、メール&ニューズレターは+4%、しかしインターネット動画は+19%になっています。これは驚異的な数値で今後も伸び続けると予想出来ます。先日書いたブログにもYouTubeマーケティングの一部の資料を掲載しましたのでご覧下さい。企業の広告に対する投資優先順位が北米では変化しているようです。ビデオに投資する企業もグローバル企業では当然のレベルまで来ています。

blog11.png

北米のコンテンツマーケティングで使用されるフォーマット種類

blog21.png

※資料はcustom content council2012から

Comment